気持ちを話すと癒される。気持ちを聴くともっと癒される。


あなたは自分の気持ちに素直に耳を傾けていますか?

こころの平和のために、自分のこころの声に耳を傾ける方法を一緒に学びませんか?

スカイプを利用して、どこからでも参加できるグループセラピーを主催しています。

あなたもこころの平和とともに毎日を過ごしてみませんか。

「本当の自分」を思い出し、自分らしく生きるあなたを応援していきます!




私が行うオープンハートセラピーは、A Course in Miracles の教えを基にした心理学(スピリチュアル心理学)がベースになっています。

個人セッションはスカイプもしくは電話にて受け付けています♪



はじめての方はこちらをご覧ください。

スカイプ グループセラピーの日程が決まりました!詳細はこちらをクリック!
超パワフルな癒しの空間をスカイプで実現!
顔が見えない分、思いっきり気持ちを語っていただけますよ~
恥ずかしがり屋なあなたにもってこいの究極のヒーリング空間です☆

コンビ二感覚で相談できる!メール相談サービスをぜひご利用ください。詳細はこちらをクリック!
世界中、どこにいても相談できる心強い味方!
誰かに直接話すのが恥ずかしい、相談できる相手が身近にいないなど、
お困りのあなたにお勧めです。

オープンハートセラピーについての詳細はこちらをご覧ください。
一生一人だったらどうしよう・・・結婚したい!!けど相手が・・・私が本当にやりたいことは何だろう?・・・
このような思いが頭をよぎるアラフォー女性を応援します☆
悩みをすっきり解決すれば、素敵なソウルメイトとめぐり合えるかも!?

ご訪問ありがとうございます♪




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも応援ありがとうございますラブラブ

アメブロも始めました!こちらからどうぞ♪
(書いていることが微妙に違ったりします)

********************
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、一回ポチっとお願いします!
人気ブログランキングへ
HSランキング!ポチッとクリックお願いします!

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

あなたの居場所は?

こんにちは。

あなたのこころの扉を開くセラピスト☆森田 えつこです。




自分の居場所がない、

と思っている人はいませんか?




グラウンディングも関係してくるんですが、

私も去年ロンドンに来たばかりの頃は

「どこにも属していない」感覚が

強くありました。




だから、

ものすごく不安定でした。




どこかに属しているという

安心感がないと、

自分がどうにかなりそうとまで

思っていました。




私はそのときは

ホメオパシーに助けてもらいました。

朝日新聞でだいぶたたかれているようですが・・・)




で、その居場所がない感覚。




やっぱりこれって

安心感を外に求めている結果

なんですよね。




自分の中に

安心感がしっかりとあって、

自分自身とつながっていたら、

居場所がないという不安な気持ちは

感じないか、

あるいは感じても

大丈夫と思えるはずです。





ここで大丈夫、

誰に頼らなくても一人でも大丈夫、

と思える状態です。




ところがいつの間にか

本当の自分をどこかに置き忘れ?

感じることを忘れてしまっているために、

私たちは頭でいろいろ考えて

答えを出そうとするようになります。





ところが、

自分が忘れてしまった(思い出せない)、

こころの奥にずーっとあった

本当の自分

とつながることで、

そういった不安は消えていきます。





じゃあどうやったら

その自分とつながれるの?

と必死に考えても

きっと出口は見つからないでしょう。




なぜなら

あなたの思考は、

あなたの作った制限内でしか

物事を考えられないからです。

(これがいけないことだ、

というわけではありません。)




新しい考え方を手に入れるには

あなたのこころのブロックを

外す必要が出てきます。




ここで、

私のようなセラピスト/カウンセラーの出番

となるわけです。





幼い頃からずーっと

自分の居場所がない、と思って

50年生きてきたとしても、

今過去を癒せば

これから先、

安心感に包まれて

幸せに生きていくことは可能です。





しっかりと地に足を付けて

自分らしく生きていきましょう♪






いつもありがとうございます。

いつも応援ありがとうございますラブラブ

アメブロも始めました!こちらからどうぞ♪
(書いていることが微妙に違ったりします)

********************
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、一回ポチっとお願いします!
人気ブログランキングへ
HSランキング!ポチッとクリックお願いします!

スポンサーサイト

2010/09/09 00:25 | 心理学COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

感情を感じきる

こんにちは。

あなたのこころの扉を開くセラピスト ☆森田 えつこです。




ストレス解消法として

大声でカラオケで歌ったり、

海に向かって叫んだり(笑)、

思いっきり泣いたり、

買い物しまくったり、

人それぞれお気に入りのやり方があると思います。



それですっきりする人は

そのやり方があっているのだと思います。



ただ、たまったストレスを

解消することなく溜め続けている人も

中にはいることでしょう。



もしかすると、

ストレスが溜まっていること事態に

気が付かないでいる人もいるかもしれません。



ここではどういう状態がストレスが溜まっているか、

などと言うお話をすることはしませんが、

今からすぐにできる解消法を書いてみようと思います。




まず、静かに一人になれる環境を確保してください。

(寝る直前の布団の中でもいいです。)



そして、体に意識を向けてみましょう。



何か分からないけど落ち着かない、とか

あせっている感じがするとか、

胃の辺りがきゅーっとするとか、

胸にもやもやした感じがあるなど、

なにか気になるものがないかどうか探ってみましょう。




見つけたその感覚、感じをじぃーっと感じていると

どんな気持ち(感情)になってくるでしょうか?



ただじっと、その感覚、感じに

寄り添ってみてください。




そこから感じる感情が

あなたが普段、深く感じることなく

押し込めてきた感情です。




なので、ここでじっくりとその感情を味わって見ましょう。




こんなに悲しかったの?怒っていたの?と

びっくりする人もいるかもしれません。




ただ、感じる感情を感じていましょう。




感情を感じることを怖がらなくても大丈夫です。




その感じている感情を言葉で言い表せなくても大丈夫です。




ただ、その感情が流れるままにしてあげましょう。




この間、呼吸を忘れないでくださいね!



ひとしきり感じきると、

また別の感情が出てくるかもしれません。




それも同じように感じてあげましょう。




一旦、感情が出てくることを許すと、

いままで押し込めていた感情が

あとからあとからでてくるような感覚があるかもしれません。





心配しなくても大丈夫です。




しかし、あまりにも辛いようでしたら

セラピストに話を聞いてもらいましょう。




せっかく出てきた感情を

我慢しようとしないでください。





今までこのように感情を「味わう」ことを

したことがないと、

感情を感じきることが怖いかもしれません。




しかし、人間として

感情を感じることは当たり前のことです。




出てきた感情を押し込めるほうが

実は不自然で、

余分なエネルギーを使うものです。




なので、なにか感情が出てきたら、

呼吸と共にその感情を感じてあげましょう。



呼吸を使うことで

その感情に飲み込まれること無く

上手に感情を感じることができるでしょう。




慣れてきたら、しっかりと丹田の下あたりまで

ふかーく息を吸い込む深呼吸を取り入れてみましょう。




これも思考の観察と一緒で、

日常のあらゆる場面で

「今、自分は何を感じているのか」

に意識を向けることで、



感情を抑圧することなく

健康的に生きることができるようになっていくでしょう。










いつも応援ありがとうございますラブラブ

アメブロも始めました!こちらからどうぞ♪
(書いていることが微妙に違ったりします)

********************
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、一回ポチっとお願いします!
人気ブログランキングへ
HSランキング!ポチッとクリックお願いします!

2010/08/07 05:22 | 心理学COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「できない」のか、「やらない」のか。

こんにちは。

あなたのこころの扉を開くセラピスト ☆森田 えつこです。




昨日久しぶりに母親にスカイプしたときのことです。



7月31日に地元群馬で同窓会があったらしいのです。



それを昨日知らされました。



知っていたところで行くはずはないのですが、

その葉書が来ていたことを

知らせてくれなかったことに対して

私はどうして知らせてくれなかったのか、と聞きました。



そうすると、母はいきなり自分を責め始めました。



「できなかったんだよ。」と。



私はこれを聞きながら

「できなかった」

ではなくて

「そうしなかった」

と思えたら楽だろうに、と思っていました。





実際、彼女は国際電話のかけ方が分からないし、

分からないままでそのまま放置してきました。

(今回のスカイプは、私が先に電話して

パソコンを立ち上げるように言ったことで実現したものです。)



だから、自分から連絡を取ることはできない、

と思い込んでいます。




しかし実際は、

できないのではなく


やってないだけです。





ここなんですよね、楽に生きているかどうかの境目は。




彼女は今までずーっとこうやって自分を責めて生きてきています。



それをしっかり、私も受け継いで生きてきました。

つい最近まで。




だけど楽に生きる方法を知った今、

私は必要以上に自分を責めることはなくなりました。




苦しくなってる自分に気がついて

それをどうにかするすべを知っているのかどうかで

ずいぶんと生き方が変わるでしょう。




私の母のように

全部自分で抱え込んで

さらに自分を責めて、

というパターンに生きていると

楽に生きる方法を探すことすら

思いつかないようです。

(いや、私の母は楽に生きることは

罪だと思っていると思います。)




だから、思考の観察が役に立つんですよね。




この場面の場合、

なぜ私の質問を

「責められた」と受け取ったのか。

(私はそんなつもりで言ったわけではありません。)




答えは

「忙しくって、忘れちゃった~あはは」

でもいいはずです。

(そう言われたら私は気分よくないですが。)





みなさんも、日常で

自分が責められた、と思った瞬間がないかどうか

注意深く意識してみましょう。




そしてその瞬間をキャッチできたら

どうしてそう思うのか、

ちょっと時間を取って探ってみましょう。




こうやって自分の思考の癖を見つめていくと

まだ知らない自分との出逢いがあるかもしれませんよ。





いつも応援ありがとうございますラブラブ

アメブロも始めました!こちらからどうぞ♪
(書いていることが微妙に違ったりします)

********************
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、一回ポチっとお願いします!
人気ブログランキングへ
HSランキング!ポチッとクリックお願いします!

2010/08/06 02:43 | 心理学COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

相手に問題があると思っているとき

こんにちは。

あなたのこころの扉を開くセラピスト ☆森田 えつこです。





「この人にはこういう問題がある。」

と言う見方で相手を見ているとき。



たとえば、人の話を聞かないとか

心を閉ざしているとか、

自分のことを低く見ているとか。




相手をこのように見ているとき、

あなたのこころは平和でしょうか?




相手に何か問題があると思っているとき、

実は自分の中にこそ

見つめるべきものがあったりします。

(こう思う裏には

大概その人に対する期待が隠れています。)




もし、こういう見方で誰かを見ている自分に気がついたら、

ちょっと意識を自分に戻してみましょう。




そして、自分に問いかけてみましょう。




「どうしてそういう風に思うのかな?」





いつもこう問いかける癖をつけることで

こころの平和を保つことができるようになっていくことでしょう。




なぜなら、あなたの周りから

あなたを悩ます

問題のある人が消えるからです!





あなたのこころのもやもやが

誰かのせいで引き起こされていると思っているとしたら、

そうではないことが

この練習を重ねていくうちに見えてくるでしょう。





もやもやする原因は

自分の中にあった、と

気が付くときが来るでしょう。




そうなればしめたものです♪




どんな人も以下の2種類のどちらかに当てはまります。




助けを求めている人か、

愛を差し伸べている人か。





自分にとって問題だと思う人は

どちらの人でしょうか?





これを意識していると

ますます問題のある人はいなくなっていきますね。







いつも応援ありがとうございますラブラブ

アメブロも始めました!こちらからどうぞ♪
(書いていることが微妙に違ったりします)

********************
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、一回ポチっとお願いします!
人気ブログランキングへ
HSランキング!ポチッとクリックお願いします!

2010/08/02 01:20 | 心理学COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

現実を生きる

こんにちは。

あなたのこころの扉を開くセラピスト ☆森田 えつこです。





今日は朝方、

下腹の刺すような痛みで目が覚め、

それ以降良く眠れませんでした。



便秘で横腹が痛いと言うのは

しょっちゅうあったけど、

こういう痛みは初めてなので、

かなりびびりました。


胎児に何かあったのかな、と。


午後になってその痛みはなくなったので、

とりあえずほっとしてますが、

明日、医者に行って見ます。

(今日の予約が取れなかった)



急にこういう事態になると

不安になるものですね。



正気を保とうとか、

これは幻想だ、とか(笑)

そういうアイデアが入り込む隙間が無くなる感覚。



痛みが消えるともう、

そんなことあったっけ?な状態なわけですが(苦笑)



痛みがあると

体って言う現実から離れられなくなります。



いや、痛みがそうさせるんじゃなくて

その痛みについての思考

そうさせるんですよね。



今回の私の場合、

「流産したらどうしよう。」

と言うのが根底にある怖れ。



だけど現実は

ただおなかが痛いだけ。



たったそれだけのことなのに

空想(妄想)はどんな風にも広がります。



いや、どんな風にと言うよりも

どんどん最悪のシナリオを書き続けていきます。



で、これにはまると

自分ではどうにもできなくなってしまいます。



だから、こういう状態から救ってくれる方法として

ケイティのワークとか各種セラピーがあるわけです。



私がはまっていた物語は

もちろん私自身が作り出したものなので、

自分で失くすことが可能です。



みんなそれぞれに固有の物語を持っていて、

それはそうに違いない、

と強く思い込んでいるものもあるでしょう。



しかし、もしその物語のせいで

自分が苦しいと感じるのなら。



それをどうにかする鍵は

あなたが持っています。



妄想の物語の中ではなく

現実を生きたいと思いませんか?



そんなあなたのお手伝いをいたします。



いつも応援ありがとうございますラブラブ

アメブロも始めました!こちらからどうぞ♪
(書いていることが微妙に違ったりします)

********************
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、一回ポチっとお願いします!
人気ブログランキングへ
HSランキング!ポチッとクリックお願いします!

2010/07/30 05:15 | 心理学COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。