気持ちを話すと癒される。気持ちを聴くともっと癒される。


あなたは自分の気持ちに素直に耳を傾けていますか?

こころの平和のために、自分のこころの声に耳を傾ける方法を一緒に学びませんか?

スカイプを利用して、どこからでも参加できるグループセラピーを主催しています。

あなたもこころの平和とともに毎日を過ごしてみませんか。

「本当の自分」を思い出し、自分らしく生きるあなたを応援していきます!




私が行うオープンハートセラピーは、A Course in Miracles の教えを基にした心理学(スピリチュアル心理学)がベースになっています。

個人セッションはスカイプもしくは電話にて受け付けています♪



はじめての方はこちらをご覧ください。

スカイプ グループセラピーの日程が決まりました!詳細はこちらをクリック!
超パワフルな癒しの空間をスカイプで実現!
顔が見えない分、思いっきり気持ちを語っていただけますよ~
恥ずかしがり屋なあなたにもってこいの究極のヒーリング空間です☆

コンビ二感覚で相談できる!メール相談サービスをぜひご利用ください。詳細はこちらをクリック!
世界中、どこにいても相談できる心強い味方!
誰かに直接話すのが恥ずかしい、相談できる相手が身近にいないなど、
お困りのあなたにお勧めです。

オープンハートセラピーについての詳細はこちらをご覧ください。
一生一人だったらどうしよう・・・結婚したい!!けど相手が・・・私が本当にやりたいことは何だろう?・・・
このような思いが頭をよぎるアラフォー女性を応援します☆
悩みをすっきり解決すれば、素敵なソウルメイトとめぐり合えるかも!?

ご訪問ありがとうございます♪




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも応援ありがとうございますラブラブ

アメブロも始めました!こちらからどうぞ♪
(書いていることが微妙に違ったりします)

********************
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、一回ポチっとお願いします!
人気ブログランキングへ
HSランキング!ポチッとクリックお願いします!

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

犠牲を払うことは攻撃であって愛ではない。



今日読んでいたコースのテキストの箇所をいくつかシェアしたいと思います。

「いろいろと遠回りの通路を通り地下を掘って暗闇に隠れ、元の姿からかなり異なる形で出てくる恐れに従う必要はない。

ただし、そんな形をすべて支配する根源そのものをあなたが持ち続けるつもりでいる限り、その一つ一つを吟味する必要があることは確かだ。

そんな形は別々のものではなく、単に同じ思いが異なった形で現れているだけで、自分の望みのものではないとみなす気になったなら、そんなものは全部一緒に消えてなくなる。」

そして、

「犠牲を払うことは攻撃であって愛ではない。」

と続きます。(P.244~245)

タイミングよく、クリスマスのことが書いてある部分を読んでいます。

「絶望的になってクリスマスのもたらす喜びを台無しにしないように、キリストの時に喜びがなければ何の意味もないのだから。

心をひとつにして、誰からも犠牲を要求することなく心の平安を喜び祝おうではないか、そうしてあなたは私が差し伸べる愛をまた私に差し伸べてくれるわけだから。

自分は何ひとつ失っていないと知覚できたときほど喜ばしいことが他にあるだろうか。」(P.247)

このページを読んでいたら、涙が溢れて来ました。特にこの部分は何度も読み返しました。

そして

「すべての関係を自分にとって神聖にしてもらうこと。これこそ我々(神・キリスト・聖霊)の意志である。」(P.247)

と続きます。

訳はすべて田中百合子さんのものです。


そうなんです、恐れは一つ一つ吟味するしかないんです。だから、とても時間がかかります。

一つやっつけても、また別の場面で違った形で出てきます。(戦うわけではないのですが、この言い方がぴったり来るのです。)

恐れの根源を持ち続ける限り、自分を見つめる作業は果てしなく続きます。

ですので、一回のカウンセリングで解放できる恐れはそれこそたかが知れています。もちろん、それだけでもだいぶ楽になった感じはつかめます。

だからといって、ある程度解放すれば、エゴが完全に消えてなくなるかといえば、それは残念ながらないでしょう。

だったらその根源を無くしてしまえたらいいのに、と思うでしょうが、これこそが最大の恐怖なんですよね。

エゴの手口は非常に巧妙です。

多くの人にとって死ぬことは怖いことです。

すべての恐怖はここにつながっています。

肉体が滅んでも、魂は死ぬことはありません。意志の疎通は可能です。

ここを克服した時、エゴの居場所はなくなります。愛だけを選択して、心の平安のなかで生きることができるようになります。


私もだいぶ楽になったとは言え、まだまだ沢山癒しの必要な部分があります。(と思っています。これも幻想ですが。)

毎日の生活の中で、恐れを感じた時にそれを無視することなくきちんと向き合うことが大切になってきます。

ひとつひとつ向き合うことで、本当の自分にいつかたどり着くことでしょう。


今日もありがとうございますハート


スポンサーサイト

いつも応援ありがとうございますラブラブ

アメブロも始めました!こちらからどうぞ♪
(書いていることが微妙に違ったりします)

********************
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、一回ポチっとお願いします!
人気ブログランキングへ
HSランキング!ポチッとクリックお願いします!

2008/11/30 01:53 | ACIMCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

Re: 犠牲を払うことは攻撃であって愛ではない。

いつも楽しみに拝見しております。
減らず口のつもりでは全くなく、素朴な疑問のつもりなのですが、死ぬ事は怖いと思った事は無いのですが、子供の頃から「痛い」事に対して異常に恐怖を感じるタイプなのですが、それも死に対する恐怖と言う事なのでしょうか?出産や歯医者にかかる事など、それこそ試練という感じでしたが、むしろ眠るように死ねたら生きているよりも楽なのでは?などと時々考えてしまいます。
と言っても今すぐどうこう・・・という事ではなく、人生の目的などスピリチュアルを少しかじって、理解しているつもりなので、ご心配は無用です。そんなに死に対して恐怖を感じた事が無い気がしたので知りたいと思いコメントしてしまいました。

No:46 2008/11/30 03:02 | よっちゃん #- URL [ 編集 ]

Re: 犠牲を払うことは攻撃であって愛ではない。

よっちゃんさん

コメントどうもありがとうございます。

死の恐怖がない、とおっしゃいますが、それは表面的な顕在意識でのことですよね。
潜在意識では、おそらくそうは思っていないと思うのです。
死を恐れていなかったら、おそらく痛みも怖くはないでしょう。

痛いのが怖いのはなぜか?と問い続けて潜在意識までたどり着くと、どんな思いがみつかるでしょうか。
この思いが見つかると、もしかしたら痛みに対する恐怖も消えるかもしれません。

No:47 2008/11/30 22:39 | etuko #b5nM9Wik URL編集 ]

Re: 犠牲を払うことは攻撃であって愛ではない。

お返事ありがとうございます。

>死を恐れていなかったら、おそらく痛みも怖くはないでしょう。

死と痛みを別物だと考えていましたが、そういう事だったのですね。
潜在意識を探れると、もっと腑に落ちるのでしょうね。
昔から思っていた素朴な疑問だったのですが、お返事頂けて感激です。どうもありがとうございました。

No:48 2008/11/30 23:33 | よっちゃん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。