気持ちを話すと癒される。気持ちを聴くともっと癒される。


あなたは自分の気持ちに素直に耳を傾けていますか?

こころの平和のために、自分のこころの声に耳を傾ける方法を一緒に学びませんか?

スカイプを利用して、どこからでも参加できるグループセラピーを主催しています。

あなたもこころの平和とともに毎日を過ごしてみませんか。

「本当の自分」を思い出し、自分らしく生きるあなたを応援していきます!




私が行うオープンハートセラピーは、A Course in Miracles の教えを基にした心理学(スピリチュアル心理学)がベースになっています。

個人セッションはスカイプもしくは電話にて受け付けています♪



はじめての方はこちらをご覧ください。

スカイプ グループセラピーの日程が決まりました!詳細はこちらをクリック!
超パワフルな癒しの空間をスカイプで実現!
顔が見えない分、思いっきり気持ちを語っていただけますよ~
恥ずかしがり屋なあなたにもってこいの究極のヒーリング空間です☆

コンビ二感覚で相談できる!メール相談サービスをぜひご利用ください。詳細はこちらをクリック!
世界中、どこにいても相談できる心強い味方!
誰かに直接話すのが恥ずかしい、相談できる相手が身近にいないなど、
お困りのあなたにお勧めです。

オープンハートセラピーについての詳細はこちらをご覧ください。
一生一人だったらどうしよう・・・結婚したい!!けど相手が・・・私が本当にやりたいことは何だろう?・・・
このような思いが頭をよぎるアラフォー女性を応援します☆
悩みをすっきり解決すれば、素敵なソウルメイトとめぐり合えるかも!?

ご訪問ありがとうございます♪




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも応援ありがとうございますラブラブ

アメブロも始めました!こちらからどうぞ♪
(書いていることが微妙に違ったりします)

********************
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、一回ポチっとお願いします!
人気ブログランキングへ
HSランキング!ポチッとクリックお願いします!

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

「奇跡のリンゴ」

このおっさん、すごいです。悟ってますね、完全に。

東京までわざわざワークショップなどに参加しに来なくても、悟る人は悟る(笑)

この方も言っていますが、「どれだけバカになれるか」ってところなんですよね。

途中、付箋を貼ったところを書き出してみます。

「だけど、この機械によって、やがて人間が使われるようになるんだろうなと思った。」

初めて就職して、コンピューターの操作に慣れて一ヶ月くらい経った時にこう思ったそうです。私なんて、思いっきり使われてますから(笑)まんまとその罠にはまったってことです。

「結局のところ、木村の家族に対する罪悪感が、逆に家族を苦しめていたのだ。」

木村さんは無農薬・無肥料でリンゴを作ることに没頭したあまり、収入が途絶え、家族を養うことができなくなります。そのため、彼の中での焦りが家族にも伝わっていたのですが、その時彼はそのことに全く気付きませんでした。

しかし本当のところ、このとき彼がすべきことは自分の中にある罪悪感を受け入れることであって、家族を苦しみから解放することではありませんでした(もちろん、食べるものを与えることが最優先ですが)。

結果として自身が悟ったことにより、家族への罪悪感が消え、木村さんは解放されました。(その後家族がどう木村さんのことを思っていたのかは、この本では触れられていません)。表紙のあの笑顔がすべてを語っているでしょう。

「だけどな、今にして考えてみれば、あの頃の私が一番純粋であったと思う。」

とうとう何も打つ手がなくなり、リンゴの木一本一本に、「どうか枯れないでちょうだい。」とお願いしたことを思い出して。

こんなことをまじめにできる人は、本当に純粋以外の何者でもないでしょう。こういう経験があって、自然と対話をする術を身に付け、自分が自然の一部であることを真に受け入れ、生命を謳歌する。

これが「今に生きる」ということの真髄ではないでしょうか。

そしてエピローグにあるひとこと。

「私の船に乗りなさい。」

はい、乗りますとも!!

彼がやっていることは、農薬を使ったやり方を否定するわけではなく、ただ自分のやり方を信じて、それを貫いただけです。

今私の中にある葛藤にも、答えが見つかりそうです。

そうなんです、自分が信じているもの以外のものを「非難」していたから、苦しかったんです。

ただひたすら、自分が信じると決めたものを信じ、同時にそれ以外のものも「バカになって」受け入れる姿勢を持とう。

これが、ゆるしの実践、ですよね。

ゆるして、ゆるして、完全にゆるす。

この「完全に」ってところがミソです。少しだけゆるすってことは、ゆるしたことにはなりません。


この本を借りるのに、確か3ヶ月くらい待ちました。待った甲斐がありました。

このタイミングでないと、読んではいけない理由がありました(もちろん、私にとってだけ、ですが)。

バカになる方法を知りたい方、この本、お勧めします。

 

 


スポンサーサイト

いつも応援ありがとうございますラブラブ

アメブロも始めました!こちらからどうぞ♪
(書いていることが微妙に違ったりします)

********************
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、一回ポチっとお願いします!
人気ブログランキングへ
HSランキング!ポチッとクリックお願いします!

2009/02/12 21:11 | おすすめ本・映画COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

Re: 「奇跡のリンゴ」

私も読みましたよ!面白かったですね。

私は土の話が特に印象的でした。
土も浄化したかったんだろうなあと思って。

存在を認めてあげれば、それでいいんですよね。
言い換えれば、
農薬は、「ゆるし」じゃないってことだね(笑)。

奇跡のリンゴは、木村さんが全ての存在を赦したからこそ
結実したんだろうなあと思いました。
「A Course in Miracles」でいうところの「Miracles」って
これなんだろうな、って感じですね。

No:77 2009/02/13 01:36 | ジュンコ #- URL編集 ]

Re: 「奇跡のリンゴ」

ジュンコさん
コメントありがとうございます!

全くその通りですね。
すべての存在を赦す。
なかなかできることではないですよね。

いちいち寒いだの、暑いだの文句を言っているレベルとはわけが違う(笑)

奇跡には、難しさとか、順序とかはないってのも、これを読むと本当に納得しますね。
あらゆることが、ミラクルですから。

No:78 2009/02/13 19:15 | etuko #b5nM9Wik URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。