気持ちを話すと癒される。気持ちを聴くともっと癒される。


あなたは自分の気持ちに素直に耳を傾けていますか?

こころの平和のために、自分のこころの声に耳を傾ける方法を一緒に学びませんか?

スカイプを利用して、どこからでも参加できるグループセラピーを主催しています。

あなたもこころの平和とともに毎日を過ごしてみませんか。

「本当の自分」を思い出し、自分らしく生きるあなたを応援していきます!




私が行うオープンハートセラピーは、A Course in Miracles の教えを基にした心理学(スピリチュアル心理学)がベースになっています。

個人セッションはスカイプもしくは電話にて受け付けています♪



はじめての方はこちらをご覧ください。

スカイプ グループセラピーの日程が決まりました!詳細はこちらをクリック!
超パワフルな癒しの空間をスカイプで実現!
顔が見えない分、思いっきり気持ちを語っていただけますよ~
恥ずかしがり屋なあなたにもってこいの究極のヒーリング空間です☆

コンビ二感覚で相談できる!メール相談サービスをぜひご利用ください。詳細はこちらをクリック!
世界中、どこにいても相談できる心強い味方!
誰かに直接話すのが恥ずかしい、相談できる相手が身近にいないなど、
お困りのあなたにお勧めです。

オープンハートセラピーについての詳細はこちらをご覧ください。
一生一人だったらどうしよう・・・結婚したい!!けど相手が・・・私が本当にやりたいことは何だろう?・・・
このような思いが頭をよぎるアラフォー女性を応援します☆
悩みをすっきり解決すれば、素敵なソウルメイトとめぐり合えるかも!?

ご訪問ありがとうございます♪




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも応援ありがとうございますラブラブ

アメブロも始めました!こちらからどうぞ♪
(書いていることが微妙に違ったりします)

********************
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、一回ポチっとお願いします!
人気ブログランキングへ
HSランキング!ポチッとクリックお願いします!

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

あなたのレイシスト度は?

The Event: How Racist Are You?

またテレビ番組のことを書きます。

なんだかテレビばっかり見ているようですが、
ま、そうですね(笑)

だって、面白いドキュメンタリーが
盛りだくさんなんだもん。

ということで。

今月は、レイシズム(人種差別)をテーマに
たくさんのドキュメンタリーが放送されています。

今日見たのは、その中のひとつです。

Jane Elliottというアメリカ人女性が
40年前に小学校の生徒に
人種差別について教えたワークがあるそうです。

彼女の活動については
こちらのサイトをご覧ください。

参加者は目の色で2つのグループに分けられます。

青い目と茶色い目で
肌の色は関係ありません。

茶色い目のグループは
差別を受ける人たち
という設定です。

なので、
白人で茶色い目の参加者の中には
ワークが始まる前に帰ってしまう
ということがありました。

これから何が起こるかわからない
恐怖を強く感じて
身を守る必要性を感じたのでしょう。

ワークが始まっても、
茶色い目のある白人は
このワークの意味が理解できなかったらしく
ずっと違和感を感じていたようです。

この番組を見ていて気が付いたことは、
このワークは人種差別について理解を深めるものだと思うのですが、

結局行き着くところは
個人個人の感情なんだということです。

差別や偏見に
肌の色や目の色は
全然関係ない、ということです。

青い目のグループの中には
私はレイシストじゃない、
と言い張っていた女性がいましたが、

かなり強烈に反論していました。

これってやはり
攻撃されているから
身を守る必要がある、
と無意識にしている行為ですよね。

こうやって、それぞれの怖れがむき出しになって
見ていてつらくなる場面もありました。

そういう時は、呼吸を思い出して
今に戻ってくることを意識していました。

丸一日かけてこのワークが行われたようですが、

ここから何らかのことを学んだ人は
少なかったようです。

それはもちろん
それぞれのプロセスですから
私が何か言うことではないですが、

この番組を見た人たちが
このワークをどのように受け取って
活かしていくのか
興味があります。

このJane Elliottという女性は
ある種
ケイティのような雰囲気があります。

かなり厳しい人のようですが、
このワークで世界を変えよう
なんて思ってやっているのではないのです。

人種差別について
無意識な人たちに
何らかの気づきを与えられたら
ということなんだろうと思います。

あと、見ていて気が付いたところは
茶色い目の人たちは
自分たちが差別を受けた体験を
ただ語っているのに対して、

青い目のグループは
そういう体験は
私たちだってある、とか何とか
反論に忙しい印象でした。

黒人が白人から受ける人種差別と
白人が白人から受ける偏見は
別物だ、と茶色い目の人たちは言い、
同じだと青い目の人たちは言う。

これらはどちらも
怖れに基づいていることから
同じものですね。

ちなみに、私の夫も
それは別物だ、と感じているようです。

そしてやはり、というか
彼もこのワークの意義が
理解できていなかったようです。

感想を話し合っているとき
自分はレイシストじゃない、と言っていた参加者に対して
「彼女は間違っている。」
と言ったところで、

私が
「そうやってジャッジすることが
差別の始まりじゃないの?」

と突っ込んだところ、
理解したようです。

ほんとに、奥が深いテーマです。

今日はとても勉強になりました。





スポンサーサイト

いつも応援ありがとうございますラブラブ

アメブロも始めました!こちらからどうぞ♪
(書いていることが微妙に違ったりします)

********************
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、一回ポチっとお願いします!
人気ブログランキングへ
HSランキング!ポチッとクリックお願いします!

2009/10/30 08:23 | ワーク・気付きCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。